新卒面接の極意⁉︎

面接って緊張しますよね。
3社で面接官や採用担当をした経験を基に、
面接する側の気持ちや考え方を書きたいと思います。
主観が入っているので、参考程度に軽い気持ちで読んでください。

①第一印象はやっぱり重要です❗️
なんだかんだ言っても、面接官も人間ですので、
第一印象が面接全ての印象を左右してしまいます。
当然、そうならないように、普通は評価のポイントとかを複数設けていますが、
いわゆるハロー効果で、第一印象により全てがよく見えたり悪く見えたりします。
ということで、まずは部屋に入った後の挨拶、座るまで元気良く、
そして姿勢を正すよう、気をつけてください。

もっと言えば、控室で待っている間も当然見られています。
明確な評価に加えることは少ないとは思いますが、
面接の評価で迷った場合、結果に左右することも多いですので、
気を抜きすぎないようにして下さい。

P3244844.JPG

②受ける会社の情報は最低限でも収集しましょう❗️
面接は入社して欲しい人を選択する場です。
よくお見合いとも言われますが、
よほどの魅力がない限りは、
自分(会社)にどれだけ興味があるか気になるものです。
今は簡単にインターネットでも情報をとれる時代ですので、
受ける会社に対して、
何らか自分の意見を言えるようにしておいて下さい。
熱意の有無はこの辺りで判断されることはも多いですし、
いい加減な気持ちで挑むと簡単に見抜かれてしまうものですので。

インターネットでは負の情報も多いです。
正直当たっている面も、当たっていない面もあります。
あまり気にしすぎるのも取り越し苦労になりますが、
大きく外れていないことも多いので、
そういった意味でも、事前準備はしておいた方が良いです。

P6083345.JPG

③話す内容をある程度準備しておいてください❗️
『ある程度』がちょうど良いです。
必ず聞かれるであろう志望動機や学生時代にやってきたこと等は
面接の会社に合わせた内容を準備しておくべきです。
この辺りの質問は内容によって大きくプラスになることは少ないですが、
準備していないと大きくマイナスになる場合が多いです。

一方で、全ての質問を予測して、準備をするのは不可能です。
面接官もそこまでは期待していません。
そういった場合も踏まえて、
自分がこれまで学生時代をはじめやってきたことを
棚卸ししておいて下さい。
その中から、適当と思われる回答を絞り出す感じで良いです。
皆さん、予想される全ての質問に対する回答を考えがちですが、
(それもけっして間違えではないですが)
まずは自分を省みて、強み、弱みを捉えておくべきです。
そうしないと、想定外の質問に答えるのが難しいですので。

P7212254.JPG

④自信を持って面接官の顔を見て話しましょう❗️
言葉では簡単なことですが、これでかなり差がついてしまいます。
不安や緊張はあって当然です。

でも少し頑張ってみてください。


面接官といえども普通の人間ですし、
質問した人をちゃんと見て話すと、
印象は悪くないはずです。

そして面接官を観察してみてください。
面接官が複数いる場合は、一般的に決定に影響力を持っている人は、
真ん中にいます。
こういった人達には少なくとも、ちゃんと顔を上げて質問に答えてください。

意地の悪い質問があるかもしれません。
それも試されていると思い、イラッとせずに余裕を持って返してください。
それだけでも与える印象は違います。

P7212357.JPG

⑤当日の新聞くらいは読んでいきましょう❗️
面接では、社会人として準備しているか試されることもあります。
また、業界にもよりますが、
一般的には自らアンテナを広げている人を評価することが多いです。

新聞等紙媒体でなくても良いので、その日のニュースは少なくともチェックして行きましょう。
特に受ける会社の業界に関するニュースは見ておいてください。
そこから受ける会社の特徴を話せるようにしておくと、
更に良いと思います。

勤めるかもしれない会社やその業界を調べておくことは、
後々のためにも、絶対しておいた方が良いです。
面接は短時間ですが、会社勤めはもっと長くなるでしょうから。

PA272541.JPG

⑥その他(会社の見極め)
面接時にはあまり余裕はないと思います。

雰囲気は勤めてからしかわかりませんが、
それでも後々がっかりしないように、
多少はアンテナを広げておきましょう。
面接官は会社を代表しているので、
雰囲気も代表していることがままあります。

後は、面接を受けるまでの部屋やすれ違う人達も参考にして下さい。
そのように周りを見るだけでも、少し心に余裕も生まれますので、
面接にも良い影響が出ると思います。

後、わかれば、人事制度がどのようになっているかでしょうか。
人事制度はその会社の育成方針がよく現れてしまいます。
それなりの会社であれば、今時はどこも人事制度が整備されています。
目標達成に対する評価、それに基づく給与や賞与への反映は一般的にどこもあると思います。

問題は年齢や経験に基づいてある程度細かく評価項目が設定されているか、
及び、評価をちゃんと伝え、それを人材育成に繋げる仕組みになっているかが重要です。
人事制度は処遇を決めるために必要なものですが、
それだけではなくて、本来人材育成に繋がるものですので。

ここをいいかげんにしている会社は人材育成というものを、
本人の努力次第と捉える傾向があるので、
悪く言えば、人材を使い捨てにしてしまう傾向があります。
まあ、本人の努力はそもそも必要なものですが。。。

PC293811.JPG

⑦その他(面接に落ちた時)
がっかりするでしょうが、理由を考えて下さい。
緊張してうまく話せなかった、
業界の下調べが足りなかった、
色々あると思います。
後は、面接官と相性が悪かった。。。
正直これもあると思います。
面接官といっても普通の人間ですので、
単純に相性の問題もあります。

重要なのは、ちゃんと反省すべきところは反省して、
どうしようもないところは諦めて、
次回に活かすことです。
たかが面接官ですので、自分の過去現在未来全てを
否定できるほどの人でもないですし。

拙い文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。
読んでいただいた全ての人の健闘をお祈り致します❗️❗️

P7174094.JPG



この記事へのコメント

  • 大学生

    面接頑張ります。
    2018年02月18日 18:45

この記事へのトラックバック